« 6月23日(火) 戦終え 75年の 慰霊の日・・・ ここでもコロナが プロヂューサーかい? | トップページ | 6月25日(木) 幕末期 四賢侯らの 生き様は 内外バランス ヤジロベエかも・・・ »

6月24日(水) 梅雨晴に 鬼北と松野に 遊行脚! 意外と明るい 過疎地の人たち

0624
 今日は、愛媛県南部の「鬼北町」と「松野町」への「遊行脚活動」。
 前鬼北町長の甲岡さんから、以前にお送りした「人は、なぜ学ぶのか」という冊子に関して、一度「北宇和高校」の校長にお会いして欲しいという依頼があり、今回、お訪ねすることにしたのであった。この北宇和郡エリアは、過疎の著しい地域で、若者たちの流出問題に苦しんでいる。それだけに、「故郷を創成する教育」という問題に取り組む必要性について、思いが響き合うものがあった。
 その後、松野町の町長や、鬼北町の教育長などにもお会いして、意見交換を行った。
 その印象は、「今回の新型コロナウィルスで、地方行政にも色々な困難を抱えてはいるが、耐えるしかない」、と語る表情が決して暗くはなかったということである。考えてみれば、都会での生活が感染症に脆いというイメージが広がる中で、かえって「地方こそが頑張らねばならない」というモチベーションを与えているのかもしれない・・・。

|

« 6月23日(火) 戦終え 75年の 慰霊の日・・・ ここでもコロナが プロヂューサーかい? | トップページ | 6月25日(木) 幕末期 四賢侯らの 生き様は 内外バランス ヤジロベエかも・・・ »