« 10月15日(木) “貧すれば 鈍す”と言うが 微笑みの 国でも民の 不満が爆発! | トップページ | 10月17日(土) 母が去り もう一月と なりにけり お骨を墓に 納む雨の日 »

10月16日(金) コロナ禍で 中止となった 秋祭り… 関所もなしに 冬の入り口?

1016

 今日は10月16日。勇壮な秋祭りとして知られる「新居浜太鼓祭り」開幕の日である。
 しかし、今年は、太鼓の音が、どこからも聞こえてこない。言うまでもなく、ウイルス感染拡大の懸念から、この秋祭りは、一部神事を除いて、全て中止と決定されたからである。
 私たち新居浜市民にとっては、この秋祭りが、季節感の大きな節目であったことを改めて痛感する。その節目というのは、暑かった夏がいよいよその最後の幕を下ろす時であり、それは同時に、寒い冬の入り口に立つということでもある。その季節感までもが失われ、関所を通ることもなく、新しい土地に入っていくような不思議な感覚が、心の中に生まれてきている。
 地域独自の祭りと季節感、これが密接な関わりを持つものであることを、私の中で再確認した一日であった。

|

« 10月15日(木) “貧すれば 鈍す”と言うが 微笑みの 国でも民の 不満が爆発! | トップページ | 10月17日(土) 母が去り もう一月と なりにけり お骨を墓に 納む雨の日 »