« 9月17日(木) コロナ禍に 入院加療の 我が母は たった一人で 旅立ちにけり | トップページ | 9月19日(土) 母の通夜 家族みんなで 集まると ひ孫含めて 10名余り・・・ »

9月18日(金) にぎやかに 人の集まる 家が良い・・・ そう語っていた 母の思い出

918
 昨夜のうちに、葬儀社の職員が家に駆けつけてきて、通夜や葬儀の段取りを打ち合わせた。そして、今回は、親族以外にはこの訃報を伝えず、限られた人たちだけで母を見送ることとした。これは、もちろん新型コロナウィルス感染のリスクを考えてのことであった。
 この判断には、逡巡もあった。母は生前、広い交友を行っていた。そして家というものは、人が数多く集まってくるのがいい、と常々語っていた。そんなことからすると、盛大な葬儀で見送りたい、という気持ちもないではなかったが、やはり今の世相では、それはいかがなものかという気がして、ささやかに見送ることにしたのであった。
 午前中から、親戚の人たちが次々に弔問に訪れてきた。そして夜には、親族が集まって身内での読経も行った。
 それに対して、母は何も語らない。それがかえって私の心の中の悲しみを深めたのであった。

|

« 9月17日(木) コロナ禍に 入院加療の 我が母は たった一人で 旅立ちにけり | トップページ | 9月19日(土) 母の通夜 家族みんなで 集まると ひ孫含めて 10名余り・・・ »