私たちは、言うまでもなく日本の歴史の線上に生きています。

先人たちが私たちに引き継いでくれた、この日本の姿を、これから私たちもまた、次代に引き継いでいく役割を担っています。

時に、後ろを振り返り、その先人の意志に思いを馳せ、それを現代にどう活かすべきなのか、自分の心に刻むべきことは何なのかを見極めることは、大切な我々の営みです。

過去と未来を繋ぐ存在意義の奥行きを感じた時、「自分だけ良ければいいんだ」という短絡的な考え方に、はかなさを感じるのも事実です・・・。

日本に生きた「すごい人」。日本の宝を大切に守り続けていきましょう。