平成16年3月23日
幹事長を務める「音楽文化振興議員懇談会」において、「音楽分野における“文化芸術振興基本法”の意義と展望を考えるフォーラム」を開催。音楽業界の関係者を中心に、約500名の方々にお集まり頂きました。
島村宜伸会長からのご挨拶の後、河合隼雄文化庁長官からご講演を頂き、その後、パネラーの皆さんと、文化芸術振興基本法を基にして、これから音楽文化振興をいかに図ってゆくべきかということに関して、活発な議論を行いました。
 
また、このフォーラムの後、自民党国会議員による「国会議員も音楽好きやねんコンサート」
を開催。河合隼雄長官と、文化庁職員の皆さんによるフルート演奏、参議院議員 佐々木知子先生によるピアノ独奏、そして、内閣官房長官 細田博之先生からは「おじさんがピアノを楽しむ方法」と題して、様々なピアノの名曲を披露して頂きました。